« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2/27のニューフィールド

最近、父からある話をよく聞く

家から出たところに在る川に

望遠レンズをつけたカメラマンが数人が川に向かって

何かを撮っていると

考えられる被写体はただひとつカワセミだ

カメラを引っさげて川に行くと数人のカメラマンがいた

その中にいつもの公園でたまに会う人がいたので

話を聞くとすでに上流のほうに飛んで行っていた

昨日からの雨で川はにごり流れも速かったので出が悪く

今日は坊主だ

この川には柵があり、のりだすとカワセミが逃げるので

柵の間から撮らないとまずいらしい

328ではでかすぎて柵の間に入らないので

次に撮りに行くときは456で挑戦だ

 

在庫から

Bm0c1282

Bm0c1514 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2/20の川、公園

今日は川に行ってきた

カワセミの姿を1度見失って

川の下流に向かって歩いていると

止まっていた

相当距離を歩いたのだが同じ個体だろうか?

(下のくちばしの赤くなり具合が微妙に違うような)

カワセミはその下流の支流の山のほうに

飛んでいったので

いつもの公園に行った

公園では久しぶりに会った写真仲間と

駄弁っていろいろ情報を教えてもらい

楽しく過ごした

Bm0c2318

Bm0c2364

Bm0c2384

Bm0c2409

Bm0c2417

Bm0c2429 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2/14の施設、公園

今日は、施設に行った後いつもの公園に行ってきた。

施設で今日始めてカワセミを見た

他の鳥も探したがあまりいなかった

昨日の森林植物園でもそうだが

話をする人みんな今年は少ないと言っている

どうしたのだろうか?

施設でカワセミを見た勢いにのって

いつもの公園に行った

カワセミはいたが遥か彼方だった

Bm0c2250

Bm0c2267 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/13の森林植物園 バンクーバー開幕

今日は、久しぶりに森林植物園に行ってきた

頭が黄色いのと赤い鳥を撮りたかったが見つからなかった

今日は、森林植物園で初めてカワセミを見た

出が非常に良く池の前を通るたびにいた

カワセミを撮っていると横でニコンのD3Sで撮っている

おっちゃんがいた

D3Sと私が使っている1Dmk4はバンクーバーに照準を合わせて

作られたカメラだ

バンクーバーではどちらが多く使われるかカメラ対決で話題になっている

わたしの後ろでは7Dの人が止まり物に連写しまくっていて

D3Sのおっちゃんもそれに合わせるように連写しまくっていた

さすがにD3Sは7Dとは1コマしか違わないのだが早かった

私はマイペースで撮っていたがカワセミが飛び出したときは

連写した。

D3Sのシャッター音を聞き比べると1Dmk4の方が圧倒的に早かった。

Bm0c2085

Bm0c2103

Bm0c2117

Bm0c2121

Bm0c2164

Bm0c2177

Bm0c2188

Bm0c2194

Bm0c2210 

Bm0c2221

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/7の川

今日もいつもの川に行った

今日もいつもの姫が相手をしてくれた

AFの設定もいろいろやったが

なかなかベストな設定が見つからない

どれも一長一短である

帰りにいつもの公園に寄ったが

公園は釣堀状態(釣りは禁止)だった

他の野鳥も探したがいなかったが

帰りにカワセミが現れ元気な姿を見せてくれた

Bm0c1877

Bm0c1903

Bm0c1910

Bm0c1930

Bm0c1958

Bm0c1971

Bm0c1981

いつもの公園のカワセミ

Bm0c2067

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/6の川

今日は夕方から川に行ってきた

今日はAFの設定を少し変えた

1D4にはAF任意選択の領域拡大で

45点領域を使用という設定がある

前に試したときはカワセミが止まっていた石にAFが食いつき

カワセミではなく石を追従してくれた

普段は追従敏感度を1段遅いほうの設定している

その理由は本や人のブログ等でうしろに抜けにくい

のでよく推奨してあるからだ

今日はその追従敏感度を1段早い方に設定してみた

そしてレンズ動作をサーチ駆動するにしてみた

カワセミは石には止まらなかったがAFの追従は

なかなか良さそうでありしばらく様子を見てみよう

今日は、はじめてノスリを見た初見である

Bm0c1693

Bm0c1723

Bm0c1747

Bm0c1797

Bm0c1804

Bm0c1860

Bm0c1863

Bm0c1865   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »